野村克也 名言集

仕事に挫折したとき、組織に悩んだとき、人生に苦しんだとき、昨日を悔いたとき、今日を戸惑うとき、明日が見えないとき… 野村克也の言葉があるじゃないか。ノムさんの人生哲学が凝縮された名言集。

2016-11-23から1日間の記事一覧

「男と生まれてなってみたいものは、オーケストラの指揮者と連合艦隊の司令長官、それとプロ野球の監督である」という言葉がある。男子憧れの職業や。ワシは監督になれたんやから幸せやな

指揮者、司令長官、監督は、千差万別の個性や才能、力量ある者を集めて、訓練し、統御し、自在に指揮してひとつの完成品を作り上げるのが仕事。そこに男の生きがいがある。

この花、兄貴とよう食ったわ。懐かしいな。甘いんだよな

ヤクルト監督時代の1997年5月。神宮外苑では濃い紫色のつつじが満開になる。花の美しさを伝えた記者に、野村はその美しさではなく、味で答えた。貧しい少年時代だった。3歳上の兄と新聞配達、アイスキャンディーを売り、子守などをして家計を助けた。新聞配…

ワシは支配下選手やからな

野村の“監督”は夫人の沙知代さん。「世界広しと言えども、あの人についていけるのは私だけだと密かに自負している」。2017年12月8日、沙知代さんは85歳でこの世を去った。野村は、二人三脚で人生の荒波を乗り越えてきた最愛の伴侶を失った。

人はいろいろ言うけど、オレにとってはいい女房や。あいつはプロ野球選手の妻としては最高や

愛妻・沙知代さんは料理上手で、野村の食事はすべて作る。野村の来客の際は、お手伝いさんには何も頼まず、自らお茶やコーヒーを用意するという。そんな沙知代さんについて、野村は「怖い、かわいい」。

「野村克也引く野球はゼロ」と私はよく言うが、「野村克也引く沙知代もゼロ」である

照れ屋の野村だが、その野球愛、夫婦愛は深い。2017年12月8日、沙知代さんは85歳でこの世を去った。野村は、二人三脚で人生の荒波を乗り越えてきた最愛の伴侶を失った。

ボロボロになるまで生涯一捕手を貫きます

当時42歳。現役か引退かを悩んだ野村は、尊敬する評論家・草柳大蔵に相談。草柳は「人間、何かを求めている限り、一生涯が勉強ですよ。やりたければ、やればいいでしょう」と説き、野村は「自分は野球の奥に向かって歩いている。まだ中途のところにいる人間…

本音を吐くと50歳まで現役をやりたかった

「50歳で二軍に落ち、給料10万円でもいい。どうせ私は契約金ゼロ、初任給7000円で入団したんですから。最後は二軍に落ちてクビになり、これで人生ひとまわり」。

野球は人生そのものだ

“監督にとって野球とは?”という問いに対して。奇しくも、長嶋茂雄が巨人監督を優待したときの言葉と同じ。

私は情にもろい。だから選手、コーチとは一切食事には行かない。いざというとき、切れんからな

勝負のとき、情がからむと冷静な判断ができなくなるから。指揮官は孤独なのだ。

選手の仲人はしない

引き受けない理由は、野村が結婚したとき、当時南海の鶴岡一人監督に仲人をしてもらえず、自分の結婚式の1週間後、別の選手の結婚式では、鶴岡監督が仲人をしたことを知り、ショックを受けたから。「本当に悲しかった。選手に同じ思いをさせたくない。あの選…

信頼というのは、自分を大事にするところからスタートする。どれだけ自分を愛しているか、と同義語のような気がする

自分を知り、愛することで、戦いに挑める。

誰がどんな能力を持っているか。しっかり把握することが、「勝つこと」への大きな条件

分業制が進んだ野球界で必要なこと。そのためには、よく観察することから始まる。監督は選手の意見を聞く力、選手を見る目が問われる。よい状態は何球までか? スタミナは? 性格は? けん制やクイック投法、一番優れた球種などを見極める。

「人を教える」ということと、「自分がプレーする」ということは、まったく別個の資質が要求される

「名選手、名監督にならず」という言葉もあるが、逆に無名選手でも名監督になれる。

コーチの第一義は、自信を無くしている、目標を失っている選手に、いかに意欲を出させるか、ということ。日本一の理論を持っていても、その使い方を間違えれば、選手は動かない

リーダー、係長、課長、部長……役職のある人間は、部下のやる気を引き出す対応が求められる。そのひとつが“対話”。

指導者は「中心軸」が必要。中心軸とは、「信頼」「信用」「尊敬」「人望」

王貞治元ソフトバンク監督を評して。ソフトバンクの選手たちは、王監督を尊敬し、その気持ちを口にしていた。「王監督のために」「王監督を胴上げしたい」など、よいムードが漂っていた。

自分の持っているイメージと違うと、すぐ矯正しようとする。こんな上司のもとにいる部下は不幸

育てるということは、部下に合ったものを見つけてやること。

小さな失敗ほど、厳しくチェックする

監督としての基本姿勢。放っておけば、後の“大過”となる。

ナポレオンは「人を動かす2つのテコがある。それは恐怖と利益である」と言った。私はこの2つに「尊敬」を加えたい。リーダーは「利益と尊敬と、少しの恐怖」で組織を動かしていくべきで、その潤滑油が「笑い(ユーモア)」だ

ユーモアも戦力だと考えている。「ムードは大事。ムードがいいとチームはうまく機能する。お通夜みたいなベンチでは、勝てるものも勝てない」。

チームへの愛情を育て、プライドを持たせる

集団を強くする要素。「愛情を育てればチームは強くなる。プライドとは、恥を知ることから生まれる」。

叱り方が信頼を生む

「怒るは感情のまま。叱るは愛情がないとできない」。怒ると叱るの違いを、野村はこう定義する。

選手が自分の考えた方法では解けない問題にぶつかったとき、はじめてコーチの出番がくる

「日本のコーチは親切過ぎる。教えたがる。自分の存在感を押し付けている。コーチは“手助け屋”でいい」。

好かれなくてもよいから、信頼はされなければならない。嫌われることを恐れている人に、真のリーダーシップは取れない

好かれることを気にして気疲れしている人、嫌われることを恐れて本音が言えない人には耳が痛い。

指揮官というものは、どこかで部下と勝負する部分がなくてはならないと信じている。その勝負に負けたときが引き際だ

リーダーは部下とも戦っている。敵は組織の外だけでなく、内にもいるのだ。