野村克也 名言集

仕事に挫折したとき、組織に悩んだとき、人生に苦しんだとき、昨日を悔いたとき、今日を戸惑うとき、明日が見えないとき… 野村克也の言葉があるじゃないか。ノムさんの人生哲学が凝縮された名言集。

その試合が終わり、家に帰る車の中で私は引退を決意した

日本プロ野球史上初の3,000試合出場を達成して間もなくの1980年9月28日の阪急ブレーブス戦。4対3とリードされた8回裏、一死満塁で打席が回ってきた。最低でも外野フライを打って、同点にする自信があった。しかし、バッターボックスに向かった瞬間、監督から代打を告げられた。「それほど今の自分は評価されていないのか」と愕然とした。過去の実績も経験も、もはや役に立たなかった。代打で出たバッターは最悪のダブルプレー。野村は「ざまあみろ」と思った。チームはその試合を落とし、野村は引退を決意した。代打を出されたことよりも、チームメイトの失敗を喜んだ自分が、プロとして失格だと思ったからだった。

野村克也の人間通

野村克也の人間通